FC2ブログ
UPSETLIFES
疲れたっていうなよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
来年1月のダブル世界戦が決定。


数日前から噂が出ていました。



ダブル世界戦2010年1発目!

WBAスーパーバンタム級
王者
プーンサワット(タイ国)

WBAバンタムも制した2階級王者(バンタムはシドレンコに判定負け陥落)。
前戦は愛国のバーナード・ダンに3回KOで王座統一(暫定→正規)。
VS
同級10位
細野(大橋ジム)
フェザー級の東洋チャンプが1階級下げての挑戦。
前戦は世界トップランカーの榎(クリス・ジョンに0-3、粟生とドロー)に判定勝ちで納得の世界挑戦。


WBAスーパーフェザー級
王者
J・C・サルガド
(メキシコ)
10月横浜でリナレスに初回KOで王座奪取、今回が初防衛戦。
VS
同級3位
内山
(ワタナベジム)
東洋Sフェザー級で5度防衛の安定王者。


めっちゃ楽しみなカードです。

細野は大橋会長の意向で真鍋、杉田、榎といった国内のトップクラスとの激闘を重ね、16戦16勝の文句無いレコードを引っさげての世界挑戦。
好戦的なだけにかなり打たせる(被弾する)スタイルなのですが、やるかやられるかの勝負ができるのはパンチ力に自信があるから。WBAフェザーの「スーパーチャンプ」クリス・ジョンと打ち合って判定まで行った榎に勝ったことは、細野にとってかなり糧になったのではないでしょうか。プーンサワットは文句なしのパーフェクトチャンプですが、スタイル的にかなり噛み合うこと必至であり、必見の一戦であると言い切れます。勝つも負けるもKOでしょう。


リナレスにまさかの初回KOで戴冠したサルガドが、早くも再来日となりました。てっきり帝拳の政治力でリナレスとのダイレクト・リマッチを予想していたのですが、1戦様子を見るといったところなのでしょうか、正直意外な内山の挑戦だと思いました。
13戦13勝パーフェクトレコード、WBCで2位、WBAで3位の内山ですが、その相手には「強豪」と呼べるボクサーはN・ウサイン(世界戦でパッキャオに10回KO負け、ラリオスに0-3)のみ。残りは東洋圏の手頃な(失礼)挑戦者ばかりです。パンチと共に技術にも長けていることは間違いないのですが、如何せんスピード感はありません。ヘナロ・エルナンデスに挑戦した時の渡辺雄二やコッジに挑戦した時の吉野弘幸、はたまた坂本博之も・・・豪打を誇ったファイターが相手のボクシングに翻弄されて敢無く散っていった歴史。正直厳しいのではないでしょうか。


【予想】

プーン5.5‐4.5細野
とにかくKO決着。正確に強打を打ち込んでくるプーンが5回までに倒すと予想。先に細野が数発当ててしまえば乱打戦に持ち込んで一気に決めてしまうかも。大事に行くか、一か八かの勝負で行くか、陣営の作戦が見ものです。

サルガド6.5‐3.5内山
サルガドは未知数なところがありますが、内山程度のスピードなら捌き切るはず。追う足の無い挑戦者は強打を空転させて12回を終えるのでは。世界戦になってやっと本気モードで覚醒しちゃったら・・・それはそれで見たいんですけどw まあ、ねえだろ。
スポンサーサイト
【2009/11/20 03:47】 | 半分寝ながら書いてる日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<亀田のボクシング | ホーム | メイ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tecnico.blog75.fc2.com/tb.php/151-dc5e2a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

テクニコ

Author:テクニコ
山形→埼玉→東京→大阪→東京→神戸の渡り鳥。
競馬、サッカー、ボクシング・・・強いものが必ず勝つって訳じゃないから面白いんですよね

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。